開始直前!3キャリアの新プランahamo・povo・LINEMOを徹底比較

ファイナンス

昨年発表された日本の3大キャリア(docomo・au・Softbank)の新料金プランが間もなくサービス開始となります!そこで、開始直前の情報を簡単にまとめて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

料金・データ容量・サービス開始日は?

3キャリアとも2021年3月にサービス開始となります。各サービスの料金・データ容量・サービス開始日などについて、簡単に表にまとめてみました。

キャリアdocomoauSoftbank
サービス名ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
旧称:Softbank on LINE
サービス開始日2021年3月26日2021年3月23日2021年3月17日
月額料金税込2,970円(税抜2,700円)税込2,728円(税抜2,480円)税込2,728円(税抜2,480円)
月間データ容量20GB20GB20GB
データ量超過時の速度1Mbps1Mbps1Mbps
国内通話料5分以内の通話無料
5分超過:30秒ごとに22円(税込)
30秒あたり22円(税込)30秒あたり22円(税込)
ネットワーク5G/4G(LTE)5G(2021年夏提供開始予定)/4G LTE5G/4G(LTE)
※5Gは限定エリアのみ。
テザリング無料無料情報なし
SMS別途料金発生送信:1通あたり3円(税抜)(税込3.3円)[70文字まで]
受信:無料
情報なし
キャリアメール非対応非対応非対応
eSIM対応予定対応予定対応
留守番電話非対応非対応情報なし
データ追加 1GB/550円(税込)1GB/550円(税込)1GB/550円(税込)
事務手数料無料無料無料
契約解除料無料無料無料
お申込み窓口オンライン限定オンライン限定オンライン限定
サポートオンライン限定オンライン限定オンライン限定

特長的なのが月額料金です。
povo・LINEMOが税込2,728円と共通しているのに対し、ahamoは税込2,970円と他2つのキャリアより若干高く設定されています。

データ容量については3キャリアとも20GB/月と共通しています。

サービス開始日については少しずつ違いがありますが、いずれにしても2021年3月開始となっています。

また、3キャリアとも自社のキャリア回線を利用することにより、安定した通信を提供すると謳われています。

その他の項目としてキャリアメール、データ追加料金、事務手数料などが共通しており、かなり内容の似たサービスが展開される予定です。
それでは、各キャリア固有のサービスを紹介いたします。

ahamo

ahamoの特長は以下になります。

海外ローミング

追加料金不要で、海外82の国・地域でデータ通信が20GBまで無料になっています。
海外出張・旅行をする方にはかなりお得なサービスになっていると思います。
ただし、15日を超えて海外で利用する場合は最大128kbpsの速度制限がかかります。
また、20GBは国内利用と合わせての容量上限です。

対応エリアについては以下から確認可能です。
ahamo / 海外データ通信

5分以内の通話無料

「5分以内の電話をすることって実は少ない。ただから5分無料」と題して、料金プランの中に5分以内の通話無料のサービスが含まれています。
また回数無制限で利用可能です。

ただ中には仕事などの関係上、5分以上の長電話をしてしまう方もいると思います。
そういう方にはかけ放題オプションが+1,100円で付けることができます。

なお、かけ放題オプションなしの場合、5分以上の通話は30秒ごとに22円がかかります。

povo

povoはトッピングと題して、以下4つのオプションが選択できます。

5分以内通話かけ放題

5分以内の通話かけ放題が550円/月で追加できます。
ただし、衛星船舶電話など、かけ放題の対象外となる通話があります。
また、5分超過分につき、税込22円/30秒の通話料が別途かかります。

データ使い放題24時間

通常は20GB/月のデータ容量となっていますが、「データ使い放題」のオプションが220円/24時間で追加することができます。

ただし、ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があるとのことです。

通話かけ放題

ahamo同様に通話かけ放題オプションが追加できるようになっています。
料金は1650円/月となっており、ahamoの1,100円/月に対し少し高くなっています。

また、5分以内通話かけ放題と同様に衛星船舶電話など、かけ放題の対象外となる通話があります。

データ追加1GB

公式サイトにはデータ容量1GBあたり550円で追加可能と掲載されています。
ただし、このオプションに関しては他2キャリアも同じ料金設定になっているため、固有の特長とはならないです。

LINEMO

LINEMOの特長は以下になります。

LINEギガフリー

LINEのトークや通話の通信がノーカウントとなり、使い放題となっています。
昨今ではほぼ全員がLINEをインストールしていると思いますので、長電話やリモートのみをする人にはオススメです。

ただし、LINEのサービス内で一部ギガフリーの対象外があります。
ギガフリー対象のサービスについては以下で確認できます。
LINEMO / LINEギガフリー対象サービス

国際ローミング

海外に行った際に追加オプションなしでローミングサービスが利用できます。
ただし、新規契約から4か月目の末日までは利用できないとのことです。

また、ローミングにより発生した通信には別途費用が掛かりますので、通信自体も無料で利用できると勘違いしないよう気をつける必要があります。

国内通話定額

povoと同じく、通話オプションが用意されています。
1回5分以内の国内通話は550円/月、時間制限のない通話は1,650円/月となります。

eSIM

3キャリアの中で、現時点で唯一eSIMに対応してしています。
ahamo、povoについても今後eSIMに対応予定となっていますが、サービス開始から利用できるのはLINEMOのみとなっています。

LINEスタンプ使い放題

2021年夏から700万種類以上のLINEスタンプが使い放題になるLINEスタンププレミアムを追加料金なしで利用できるようになるそうです。

どのキャリアがいいか?

3キャリアとも同じよに見える料金プランになっていますが、特長を見ると利用用途によって少しずつ向き不向きがあるように思いました。
タカノリが考えるそれぞれのサービスに対するオススメの人は以下です。

・ahamo
仕事で短時間の通話利用が多い方
海外旅行・出張が多い方

・povo
現在もauを利用していて、auが好きで引き続き利用したい方

・LINEMO
LINEで友達と連絡を取る機会が多い方
リモート飲みを開催する機会が多い方

個人的には海外旅行が好きなので、乗り換えるとしたらahamoかなといったところです。
LINEMOも今の情勢を考えると魅力的に思えました。
povoは。。。( ´∀` )

ただ、現状は格安SIMも浸透してきていますし、さらに選択しのバリエーションは多いと思います。
今回はもうすぐ始まる大手3キャリアの新プランにフォーカスをあててご紹介しましたので、参考になれば幸いです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました