Google ChromeがサードパーティCookie廃止。そもそもCookieとは?アフィリエイトへの影響について解説

ブログ

2020年1月14日、Googleは「よりプライベートに配慮したWebを実現させるため、ChromeにおけるサードパーティCookieのサポートを2022年までに段階的に廃止する予定」と発表しました。この発表により、アフィリエイトはオワコンになるのではないかとTwitterなどのSNS上で話題となっています。

そもそもCookieとはなにか?を理解しておかなければ、今後の動向を抑え、時代についていくのは難しいと思います。そこで今回は、Cookieとはどういうものなのか、Cookieの種類、アフィリエイトへの影響について解説していきます。

スポンサーリンク

Cookieとはなにか

Cookieとは、Webページを訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組みであり、またはその保存データのことを言います。ID、パスワード、訪問回数などがユーザー情報として保存され、Webページを再訪問したときに以前と同じユーザーであるかを識別します。これによって再訪したWebページでは情報を入力する手間が省けます。

Webサーバ(アクセスしたWebページ)からWebブラウザ(Chromeなど)に「次に来るときは、これを持ってきてね」と、渡されるメモのようなものです。

例えばAmazonなどのECサイトにアクセスしたとき、すでにログイン状態になっていたり、カートに入れた商品が残ったままになっているのは、このメモ(Cookie)が使われているからです。

このCookieは個人情報となるため、「Googleはインターネット上のプライバシーにもっと配慮しようよ!」と、動き始めたということです。

Cookieの種類

Cookieには、ファーストパーティーCookie(1st party Cookie)とサードパーティーCookie(3rd party Cookie)の2種類があります。それぞれの違いはCookieの発行元です。
この2種類のCookieの違いについて解説します。

ファーストパーティーCookie

アクセスしているWebサイトのドメインからから発行されるCookieがファーストパーティーcookieです。各Webサイトが独自に発行しているため、他のWebサイト間の横断はできません。
また、同じWebサイトに再訪しても、違うブラウザからは過去の情報の呼び出しができません。

ただし、サードパーティーCookieよりもブラウザにブロックされにくいため、精度の高いトラッキングや効果測定が可能という特徴があります。

サードパーティーCookie

アクセスしているWebサイトのドメイン以外からから発行されるCookieがサードパーティーCookieです。他のWebサイトや違うブラウザでも横断して利用できるのが特徴です。

例えば、Webサイトにあるバナー広告をクリックした場合、そのWebサイトのドメインからではなく、バナー広告のサーバーからCookieが発行されます。これがサードパーティーCookieです。

デメリットとしてはプライバシー保護やセキュリティ意識の高まりからサードパーティーCookieをブロックするブラウザが増えているため、トラッキングや効果測定の精度が低くなってしまうという特徴があります。

スポンサーリンク

アフィリエイトへの影響

では、サードパーティCookieが廃止がアフィリエイトにどのような影響があるのか解説していきます。

広告主への影響

リスティング広告への影響

まず、リスティング広告(Google広告)においては影響がありません。

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告のことです。特定のキーワードを検索した際、ユーザーが検索しているキーワードについて関心が高いときに表示される広告のことです。皆さんも一度は見たことあると思います。

こういうのです。

リスティング広告にはファーストパーティCookieが活用されています。Googleはすでに十十二分にファーストパーティCookieを保有しており、サードパーティCookieに頼らなくても高精度のトラッキングや効果測定が可能だからです。

リマーケティング広告への影響

リマーケティング(リターゲティング)広告はサードパーティCookie廃止の影響を大きく受けます。理由はリターゲティング広告の仕組みにあります。

リマーケティング広告とは、一度Webサイトに訪れたユーザーをターゲットにして、そのWebサイトを離れあともCookieを利用し追跡して広告を配信する仕組みです。
みなさんも一度ECサイトを訪れたら、別のいろんなサイトでそのECサイトの広告が出てくることはありませんか?それがリマーケティング広告です。

そんなリマーケティング広告の多くはサードパーティCookieが活用されています。ユーザを解析するデータとしてCookieを頼ることができなくなるため、トラッキングや効果測定の精度が低下し、広告効果として強く期待できなくなってしまいます。

アフィリエイター(サイト運営者)への影響

サードパーティCookieの廃止は広告主だけでなく、アフィリエイター(サイト運営者)にも影響があります。その理由としては、アフィリエイト成果の計測が難しくなるからです。

アフィリエイト成果は主にASP(アプリケーションサービスプロバイダ)がCookieが活用することで測定を行っています。そのASPでサードパーティCookie廃止の対応が不十分であれば、成果測定の精度が低くなり、アフィリエイターが本来得られたはずの報酬を得られなくなってしまいます。

そのため今後、各ASPはCookieに頼らない新たな計測方法を生み出す必要があるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Cookieとはなにか、Cookieの種類、アフィリエイトへの影響について解説しました。

Googleに限らず、今後サードパーティCookieの規制が強まる可能性は非常に高くなっています。各企業はCookieに頼らないマーケティングを考えていく必要があります。

われわれアフィリエイターにも大きな影響があります。時代に取り残されないよう、今後の動きを注意深くチェックしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました