【初心者におすすめ】BackWPupを使って簡単にWordPressのバックアップを取る方法。

ブログ

そこで今回は、WordPressのバックアップ用プラグインとして知名度の高いBackWPupの使い方を解説します。

WordPress(ワードプレス)を使ってWebサイトを運営している人には必須になるのがデータのバックアップです。特に初心者はいろいろな設定をしている中で、意図せず不具合につながる設定をしてしまうことがあるかもしれません。

サイトが真っ白になってしまった!

バックアップを取得していれば、簡単にもとに戻せるから安心だよ!

スポンサーリンク

インストール方法

まずはBackWPupのインストール方法を解説します。

プラグインのインストールになるので、WordPress管理画面から「プラグイン」を開きます。

プラグインの画面で、[新規追加]を押します。

キーワードに「BackWPup」を入力し、「BackWPup – WordPress Backup Plugin」の右上にある[今すぐインストール]を押します。インストールが完了居たら表示される[有効化]を押します。

以上でインストールは完了です。

スポンサーリンク

バックアップの取得方法

今回は初心者向けに2種類のバックアップ取得方法を解説します。

2種類のバックアップ取得方法
・自動でバックアップを取得
・手動でバックアップを取得

自動バックアップ

基本的に任意で決めたスケジュールでバックアップを取得してくれる自動バックアップを推奨します。

プラグインの有効化後、WordPress管理画面の左のメニュー一覧に「BackWPup」が表示されているので、[BackWPup] > [新規ジョブを追加]を開きます。

ジョブとは、どのデータのバックアップをいつ、どんなサイクルで取得するのかなどを決めるルールのことです。

ジョブの作成画面が表示されます。ここで、自動バックアップ用のルール作成をしていきます。

[一般]タブでは下記の設定を行います。設定したら画面下にある[変更を保存]を押します。

■[一般]タブの設定
✅ジョブの名前を「DailyBackup」
✅アーカイブ形式を「Tar GZip」
✅バックアップファイルの保存方法を「フォルダーへバックアップ」

次にバックアップのスケジュールを設定していきます。[スケジュール]タブを開いてください。

[スケジュール]タブでは下記の設定を行います。設定したら画面下にある[変更を保存]を押します。

■[スケジュール]タブの設定
✅ジョブの開始方法を「WordPress の cron」
✅スケジューラーの種類を「基本」
✅スケジューラーを「毎日」の「0時0分」
※こちらは運用に合わせて自由に設定してください

次にバックアップの保存先となるフォルダーの設定を行います。[宛先:フォルダー]タブを開いてください。設定したら画面下にある[変更を保存]を押します。

[ファイル削除]に設定する数値は、バックアップを何世代(過去のバックアップを何個)保持しておくか、の設定になります。任意の世代数で問題ないですが、あまり多すぎるとサーバの容量を逼迫させますし、少なすぎると気づいた時には戻したいバックアップがすでに削除されてるなんてことになりますので、デフォルトの15でよいと思います。

■[宛先:フォルダー]タブの設定
✅バックアップを格納するフォルダーはデフォルトでOK
✅ファイルの削除は任意の数値
※デフォルトの15のままでもOK
自動バックアップの場合、どんどんバックアップデータが溜まっていくので、保持する数の設定は大切です。今回の場合であれば、16回目のバックアップを取得したときに、1回目のバックアップデータは自動で削除されます。
以上で自動バックアップの設定は完了です。
スポンサーリンク

手動バックアップ

自動で定期的にバックアップを取得できるようになりましたが、WordPressの設定を変更する前や、複数設定しているときの途中でバックアップを挟むなど、手動でバックアップを取得したいこともあると思います。また、プラグインをインストールした初回も念のためバックアップしておくことをおすすめします。

手動のバックアップは以下のように行います。

左の管理メニューから[BackWPup] > [ジョブ]を開きます。

自動バックアップで作成したジョブが表示されるので、[今すぐ実行]を押します。

バックアップが開始されると、進捗バーが表示されます。完了すると以下のように「ジョブ完了」と表示されます。

バックアップ自体は以上で完了ですが、念の為ちゃんとバックアップが取得されているか確認します。左の管理メニューから[BackWPup] > [バックアップ]を開きます。

先ほど取得したバックアップがあることを確認します。

取得したバックアップはファイルとして、パソコン本体にダウンロードすることが出来ます。ダウンロードしたい場合は、一覧にあるバックアップから[ダウンロード]を押してください。

まとめ

今回は、初心者でも簡単にWordPressをバックアップするため、プラグイン「BackWPup」でのバックアップ取得方法を解説しました。

「急にうまく動かなくなった。。」「突然、記事が全部消えてしまった。。。」「WordPressをバージョンアップしたら画面がおかしくなった。。。」など、もしもの時に戻せるように、必ずバックアップを取得しておくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました