【投資初心者向け】つみたてNISAとiDeCoってどっちがいいの?その違いや特徴を徹底比較!

ファイナンス

投資に興味を持った人なら必ず話題に上がる、つみたてNISA(積立NISA)とiDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)。将来の経済的不安を緩和するために始めたいと考えている人も多いと思います。これらは節税効果もあり、上手に利用することでかなりお得になる制度です。ただ、私の身の回りでは、浸透していないと感じることが多々あります。

今回は「始めてみたいけど、どっちの方がいいの?」という投資初心者向けに、つみたてNISAとiDeCoの違いや、メリット・デメリットを比較して解説していきます。また、記事の最後には、それぞれどんな人に向いているのかも解説します。

どっちがおすすめ?「NISA」と「つみたてNISA」の違いと選び方のコツを解説!
「NISA」と「つみたてNISA(積立NISA)」は毎年決められた金額の範囲内で購入した投資信託の運用益に対しての税金が非課税となる制度です。どちらも将来の資産形成に役立つ制度です。しかし、これらは併用して利用することはできません。 ...
スポンサーリンク

つみたてNISAとiDeCoの違いは?

つみたてNISAとiDeCoの違いは以下です。

つみたてNISAiDeCo
年間投資上限金額40万円14万4000円~81万6000円
※国民年金の被保険者の種別による
最低投資金額100円
※利用する金融機関による
5000円
税制優遇運用益は非課税・運用益は非課税
・掛金は全額所得控除
・受け取り時の控除
年金受取:公的年金控除
一時受取:退職所得控除
運用期間購入した年を1年目として20年間60歳まで
運用できる商品投資信託・ETF
※金融庁が認めた投資適格商品
定期預金・保険商品・投資信託
投資商品の売却いつでもOK
※ただし、非課税枠は使い切りで復活不可
いつでもOK
※他商品への乗り換え可能。ただし、資金の引き出しは60歳以降
資金の引き出しいつでもOK60歳まで原則不可

もう少し詳しく、以下5つの観点で内容を比較します。

■5つの比較ポイント
・いくらから投資を始められる?
・1年間にいくらまで投資できる?
・資金は自由に引き出しできる?
・非課税の対象は?
・どんな商品に投資できる?

比較ポイント1 いくらから投資を始められる?

つみたてNISAは100円から、iDeCoは5,000円から始められます。

つみたてNISAは少額から長期的に分散投資することで資産の積立てを支援するための非課税制度です。そのため、資金力に不安がある人でも気軽に投資を始めることが出来ます。ただし、100円から投資が出来るかどうかは、つみたてNISAの口座を開設する金融機関によって異なります。そのため、口座の開設前に利用を予定している金融機関の最低投資額を確認しておくことをおすすめします。

おすすめの金融機関は楽天証券とSBI証券です。楽天証券は楽天経済圏で生活している人におすすめで、カード支払い(月限度50,000円)でポイントが1%還元され、SPUの倍率アップにもつなげることが出来ます。SBI証券は投信マイレージサービスが利用でき、投資信託の月間平均保有金額に応じてTポイントを貯めることができます。

一方、iDeCoは国が創設した個人型の年金制度です。最低掛金は月々5,000円からで、1,000円単位で自由に設定することができます。また、掛金の金額は年に1回変更することができます。

比較ポイント2 1年間にいくらまで投資できる?

つみたてNISAは40万円まで、iDeCoは国民年金の被保険者の種別によって異なりますが、14万4,000円~81万6,000円までとなります。

つみたてNISAは年間の上限が40万円までとなります。月々およそ33,333円の積立てを行うことで、年間の上限額に達します(*)。

iDeCoの年間掛金の上限は国民年金の被保険者の種別によってそれぞれ定められており、第1号被保険者は年間816,000円、第2号被保険者は144,000円~276,000円、第3号被保険者は276,000円が上限になります。

■国民年金の被保険者の種別
第1号被保険者⇒自営業者等
第2号被保険者⇒会社員・公務員
第3号被保険者⇒第2号被保険者の配偶者

*月々33,333円×12ヶ月=399,996円になります。上限までの残り4円についてはその年の任意の月に追加で積み立てることが可能です。

比較ポイント3 資金は自由に引き出しできる?

つみたてNISAはいつでも自由に資金を引き出し可能。iDeCoは原則60歳になるまで資金を引き出し不可。

どちらも毎月決まった金額を積立てることで、将来の資産を形成していくことが出来る便利な制度ですが、突然のけがや病気、家族が増えるなど急遽想定外お金が必要になることもあります。

つみたてNISAであれば、保有している投資信託を必要な分だけ売却して、いつでも現金として口座から引き出すことが出来ます。

一方、iDeCoは老後資金づくりを目的とした制度のため、原則60歳になるまで資金を引き出すことが出来ません(*)。これだけ見るとつみたてNISAの方が使いやすい印象を受けますが、簡単に口座から引き出せてしまうせいで浪費に繋がってしまい、結局思っていたよりも資金が貯まっていないということもあります。

ここは制度を利用する人の性格やライフスタイルによって向き不向きが分かれるポイントになります。

*60歳時点で通算加入期間が10年に未満の場合、段階的に最高65歳まで受け取りを開始できる年齢が遅くなります。

比較ポイント4 非課税の対象は?

つみたてNISAは運用益が20年間は課税、iDeCoは運用益が非課税になります。また、iDeCoは掛金の所得控除、受け取り時の税制優遇もあります。

つみたてNISAは各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、売却することで得た利益が購入した年を1年目として20年間は非課税になります。

iDeCoは購入した投資信託や定期預金などの利息・配当・売却益などの運用益が非課税になります。また、掛金は全額所得控除の対象となり、年金として受け取る場合は「公的年金控除」、一時金として受け取る場合は「退職所得控除」が適用されます。

比較ポイント5 どんな商品に投資できる?

つみたてNISAは金融庁が認める長期積立・分散投資に適した投資信託とETF(上場株式投資信託)に投資できます。iDeCoは定期預金・保険商品・運営管理機関が選定する運用商品に投資ができます。

つみたてNISAは経済の影響を大きく受ける可能性がある投資信託を取り扱いますが、iDeCoは定期預金型の商品も取り扱っているため、リターンは少ないものの安定した老後資金の形成を計画することが出来ます。

スポンサーリンク

つみたてNISAのメリット・デメリット

ここまでの内容をもとに、つみたてNISAのメリット・デメリットに見ていきましょう。

つみたてNISAのメリット

メリット1:小額から始められる

利用する金融機関によって異なりますが、月々の積立額を100円から設定できます。毎月5,000円、1万円など、ライフスタイルに合わせて長期的に資産形成を計画すことができます。

メリット2:20年間の運用益は非課税
投資信託を購入した年を1年目として、20年間は運用益が非課税になります。通常は運用益に対して20.315%の税金がかかりますが、つみたてNISAではそれが非課税になるため、本来払っていた税金分も資産運用に回すことが出来ます。
メリット3:資金の引き出しはいつでも可能
急にお金が必要になった場合でも、保有している投資信託を必要な分だけ売却して、いつでも現金として口座から引き出すことが出来ます。そのため、予想外のでき事が発生しても焦らず対応できます。

つみたてNISAのデメリット

デメリット1:選べる金融商品が限定的

購入できる金融商品は金融庁が認める長期積立・分散投資に適した投資信託とETF(上場株式投資信託)のみになります。1つの制度の中で、元本確保型の定期預金に一部割り当てるなどのポートフォリオを組むことはできません。

iDeCoのメリット・デメリット

次にiDeCoのメリット・デメリットについて見ていきます。

iDeCoのメリット

メリット1:定期預金や保険商品が選べる

元本確保型の定期預金などが選べるようになっているため、投資信託の割合を増やしてハイリターンを狙う資産形成を計画したり、定期預金の割合を増やしてより安定的な運用をするなど、自由なポートフォリオを組むことが出来ます。

メリット2:掛金は全額所得控除

通常、投資信託の購入や銀行口座への預金は、所得税が引かれた残りの資産で行う必要がありますが、iDeCoへの掛金は全額所得控除を受けることが出来ます。将来の資産形成ができるだけでなく、今の税金もお得になります。

メリット3:受け取り時も税制優遇が受けられる

掛金の全額所得控除だけでなく、受け取り時も税制優遇が受けられます。年金として受け取る場合は「公的年金控除」、一時金として受け取る場合は「退職所得控除」が適用されます。

iDeCoのデメリット

デメリット1:原則60歳まで引き出せない

老後資金づくりを目的とした制度のため、原則60歳になるまで資金を引き出すことが出来ません。そのため、急に発生したライフイベントに対してiDeCoの資産を利用することは難しくなります。また、60歳時点で加入期間が10年に未満の場合、段階的に最高65歳まで受け取りを開始できる年齢が遅くなります。

デメリット2:加入の上限年齢が決まっている

加入の上限が60歳までとなっているため、その後の資産運用には別の方法を探さないといけないです。日本の平均年齢が上がっている昨今では、60歳以降の資産運用についても考える必要があります。

スポンサーリンク

つみたてNISAはどんな人に向いている?

つみたてNISAは以下の人に向いていると言えます。

■つみたてNISAが向いている人
・おこずかい程度の少額から投資を始めたい
・急なライフイベントにもNISA口座から引き出し手対応したい
・60歳以上または60歳になるまでの期間が10年以下
比較的資産のやりくりに自由がきき、経験がなくても小額から始められるので、今後、特定口座などでも投資をしていきたい投資初心者におすすめです。また、60歳以上または60歳に近い人はiDeCoの税制優遇を十分に受けられない可能性があるので、つみたてNISAがおすすめです。

iDeCoはどんな人に向いている?

iDeCoは以下の人に向いていると言えます。

■iDeCoが向いている人
・老後のための資産形成をしたい
・毎年の節税対策に取り入れたい
・20代や30代などの若年層

老後の資金づくりを目的とした制度であり、加入の年齢上限が決まっているため、老後の資金に不安のある比較的若い年代の人におすすめです。また、所得控除など今の税金に対しても節税対策として利用できます。

まとめ

今回はつみたてNISAとiDeCoの違いや、メリット・デメリットを比較してきました。

それぞれ向き不向きが分かれる部分がありますが、どちらも将来の資産形成に役立つ制度となっています。

現在では退職金がないのが当たり前になってきており、人生100年時代と言われています。将来のライフプランを考えるうえで、どう資産を築いていくか、出来るだけ早く考えていきたいですね。

 

合わせて読んでください!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

どっちがおすすめ?「NISA」と「つみたてNISA」の違いと選び方のコツを解説!
「NISA」と「つみたてNISA(積立NISA)」は毎年決められた金額の範囲内で購入した投資信託の運用益に対しての税金が非課税となる制度です。どちらも将来の資産形成に役立つ制度です。しかし、これらは併用して利用することはできません。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました