どっちがおすすめ?「NISA」と「つみたてNISA」の違いと選び方のコツを解説!

ファイナンス

「NISA」と「つみたてNISA(積立NISA)」は毎年決められた金額の範囲内で購入した投資信託の運用益に対しての税金が非課税となる制度です。どちらも将来の資産形成に役立つ制度です。しかし、これらは併用して利用することはできません。

今回は、「NISA」と「つみたてNISA(積立NISA)」の違いを確認したうえで、実際どちらがおすすめなのか、その選び方について解説します。

スポンサーリンク

「NISA」と「つみたてNISA」の違い

まずは、「NISA」と「つみたてNISA」にどういった制度の違いがあるのか見ていきましょう。

NISAつみたてNISA
対象者日本在住の20歳以上の方日本在住の20歳以上の方
非課税期間5年間20年間
非課税枠年間:120万円
総額:600万円
年間:40万円
総額:800万円
ロールオーバー不可
非課税対象運用から得られる配当金・分配金や譲渡益運用から得られる配当金・分配金や譲渡益
運用できる商品投資信託
国内・海外上場株式
国内・海外ETF
ETN(上場投資証券)
国内・海外REIT
新株予約権付社債(ワラント債)
投資信託・ETF
※金融庁が認めた投資適格商品
投資方法自由定期かつ継続的な買付け
資金の引き出し自由自由

非課税期間・非課税枠

「NISA」の場合、非課税枠が年間120万円で非課税期間が5年間なのに対し、「つみたてNISA」は非課税枠が年間40万円で非課税期間が20年間となっています。

「NISA」は「高額投資で短期運用」、「つみたてNISA」は「少額の投資で長期運用」といったイメージになります。

非課税枠総額を見てみると、「NISA」は年間枠が高額であるものの、運用期間が短いため600万円となっており、「つみたてNISA」の800万円に比べて少なくなっています。

ロールオーバー

ロールオーバーとは、非課税期間終了後に保有している金融商品を翌年の非課税投資枠へ移すことで、非課税期間を延長できるものです。これはNISAのみが利用可能です。

例えば、2021年に120万円の金融商品を購入し、非課税期間の5年間その商品を運用したとします。通常であれば、2026年には課税口座へ移行もしくは売却する必要があります。ただし、期限までに申請を行えば、2026年の非課税枠に移すことが出来ます。

もし2026年に保有している金融商品の評価額が120万円を超えていても、その超えた金額でロールオーバー可能です。

つみたてNISAの場合は、このロールオーバーを利用することが出来ないため、非課税期間の20年間満了後は課税口座への移管もしくは売却をする必要があります。

運用できる商品

NISAでは、投資信託、国内外上場株式、国内外ETF、国内外REITなど、様々な商品が投資対象となっています。一方で、つみたてNISAは、金融庁が認めた投資信託とETFのみが投資対象です。

投資方法

つみたてNISAは、「毎月3万円」など定期的に買い付ける積立投資のみ可能です。NISAの場合は、もちろん積立投資可能で、一括買い付けすることも可能です。そのため、つみたてNISAに比べて投資方法の自由度が高くなっています。

スポンサーリンク

どっちがおすすめ?

ここまで見てきた違いを踏まえて、どっちがどんな人におすすめかは以下になります。

■NISAがおすすめな人
ある程度まとまったお金で運用したい人
■つみたてNISAがおすすめな人
長期の資産形成をしたい人

NISA

年間の非課税枠が120円あり、つみたてNISAの40万円に比べて3倍あります。また、運用可能な商品も投資信託、国内外上場株式、国内外ETF、国内外REIT等、幅広い金融商品から投資対象を選ぶことが出来ます。

そのため、ある程度の資金が手元にあり、国内外ETF、国内外REITなど様々な金融商品で運用したいと考える人はNISAがおすすめです。

つみたてNISA

非課税期間が20年間となっており、NISAと比べて長くなっています。また、年間の非課税枠が40万しかありませんが、非課税総額でみると800万円となっており、総額600万円のNISAと比べて大きくなります。

投資可能な金融商品は限られてしまいますが、長期的に資産形成をしたい人におすすめとなります。

おすすめのNISAサイト

おすすめの金融機関は楽天証券SBI証券です。楽天証券は楽天経済圏で生活している人におすすめで、カード支払い(月限度50,000円)でポイントが1%還元され、SPUの倍率アップにもつなげることが出来ます。SBI証券は投信マイレージサービスが利用でき、投資信託の月間平均保有金額に応じてTポイントを貯めることができます。

まとめ

今回は「NISA」と「つみたてNISA(積立NISA)」の違いを確認し、その選び方について解説しました。

目的によっておすすめの人は違いますが、資産形成をするうえで、どちらもお得な制度です。

是非とも自分に合った制度を選んで活用していきたいですね!

 

以下も合わせて読んでみてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【投資初心者向け】つみたてNISAとiDeCoってどっちがいいの?その違いや特徴を徹底比較!
投資に興味を持った人なら必ず話題に上がる、つみたてNISA(積立NISA)とiDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)。将来の経済的不安を緩和するために始めたいと考えている人も多いと思います。これらは節税効果もあり、上手に利用することでかなり...

コメント

タイトルとURLをコピーしました