いまさら聞けない。Chromebookってなに?WindowsやMacとの違いを解説!おすすめのChromebookもご紹介

ライフスタイル

最近ネット上では、Chromebook(クロームブック)が2011年3月9日に初めて発売されてから10周年を迎えと話題になっています。リモートワークの拡大と共に少しずつ浸透してきているChromebook。

今回は「いまさらChromebookってなに?なんて聞けないな。。。」と思っている方にもわかりやすく、WindowsやMacとの比較も合わせて解説したいと思います。

Chromebookとは?

Chromebookとは「Chrome OS」を搭載したPCのことを言います。

「Chrome OS」ってなんだよ。。。と思っている方もいると思います。
Chrome OSはGoogleが開発したOS(オペレーティング・システム)のことです。

OSはパソコンの人格のようなもので、OSがないとパソコンがあっても何も作業ができません。一般的に知られているものとしてはWindowsやMacもOSです。スマホで言うところのiOSやAndroidのことです。

Googleが開発しているだけあって、Googleのサービスとは相性抜群です。

スポンサーリンク

WindowsやMacとの違い

それではWindowsやMacとどういった違いがあるのかについて解説していきます。

比較項目ChromebookWindows PCMac PC
OSChrome OSWindows OSMac OS
Windows用ソフトウェア××
Mac用ソフトウェア××
Androidアプリ××
ファイルのローカル保存×
PCの必要スペック低スペックでOK用途によっては高スペックが必要用途によっては高スペックが必要
価格低価格機能によっては高価格機能によっては高価格

ソフトウェア・アプリケーションの違い

Chromebookはウェブアプリケーションの利用に特化したPCです。

従来のWindowsやMacではソフトウェアこ購入し、PCにインストールしたうえでアプリを利用していたと思います。しかし、Chromebookの場合は基本的にChromeブラウザ(インターネットを見るやつ)でアプリを利用します。

ウェブアプリケーションはインターネットがない環境では利用できません。そのため、インターネットのない環境では出来ることが大きく制限されます。

こんな感じ

一方、ChromebookはGoogle Play ストアが利用可能なため、Androidアプリのインストールができます。WindowsやMacでは直接Androidアプリを動かすことが出来ません。

この点に関しては、ChromebookとAndroidの両方をGoogleが開発しているため親和性が高くなっています。

ファイルの保存方法の違い

WindowsやMacではテキストファイルや写真など、PCのローカルドライブ上に自由にフォルダを作成して保存・管理することが出来ます。しかし、Chromebookではローカルでのファイル管理にかなり制限があり、Googleoドライブなどのネットワーク上でファイル管理をすることをメインとしています。

そのため、Chromebookはファイル管理においてもインターネットの必要性が高いといえます。

PCの必要スペックの違い

前述したとおり、Chromebookはウェブアプリケーションがメインとなっているため、基本的にはChromeブラウザが動けばよく、低スペックなPCでも十分動作します。さらに、Chrome OSはシンプルな設計になっているため、PCの起動が圧倒的に早いです。

WindowsやMacは必ずしも高スペックなPCが必要とするわけではないですが、使用目的によっては高スペックなPCが必要となり、利用者がそれを求めることも多いです。

価格の違い

Chromebookは高スペックなPCを求めない分、機器にかかるコストが安くなります。また、Chrome OSは無償で提供されていることもあり、低価格帯で販売されているものが多いです。

WindowsやMacにも低価格なPCがありますが、求めるスペックによってかなり高価格になるものもあります。Macの最上位モデルなんて100万円超えてるものも。。。

スポンサーリンク

Chromebookはどんな人におすすめ?

それではいったいChromebookはどんな人におすすでしょうか?

●ブログやWebのライター
●ネットサーフィンが出来ればいい
●学生などの学習現場

ブログやWebのライター

ブログやWebのライターとして記事を書く人におすすめです。

Chromebookはシンプルな設計になっているため、プログラミングや高性能なソフトを使った動画編集などよりも、テキストでの作業をする人に向いています。

ネットサーフィンが出来ればいい

ネットサーフィンが出来ればいいという人にもおすすめです。

Chromeブラウザをメインで使うPCです。ネットでの調べものやYouTube・ニコニコ動画・Amazon Primeなどのストリーミングでの動画視聴をする分にはまったく問題ありません。もちろんWeb上でのGmailやYahooメールなども利用できます。

学生などの学習現場

学生などの学習現場で利用する人にもおすすめです。

昨今では学校教育にもChromebookを取り入れている事例が多くなってきています。教科書や参考書などの文書を読むにはChromebookで十分ですし、リモート授業が広まってきて、価格も安いことから学習に向いていると言えます。

おすすめのChromebook

それではおすすめのChromebookについも紹介しておきます。

Lenovo(レノボ) IdeaPad Duet Chromebook ZA6F0019JP

10.1インチの2in1設計になっており、タブレットライクな使い方ができます。専用のキーボードも付属でついていて、4万円以下という価格で購入できます。

画面はIPS液晶が採用されており、1920×1200の高画質で動画視聴にも向いています。

Lenovo(レノボ) Ideapad Flex550i 82B8001NJP

画面が360度回転するのが特徴で、動画視聴や、スペースの狭いデスク上でテキストを見るのに便利です。タッチペンが付属しているので、ちょっとしたお絵描きや授業のメモを取るに重宝されます。

ASUS(エイスース) Chromebook C523NA-EJ0130

15.6インチの大画面搭載で、本体は15.6mmの薄さと約1.43kgの軽さとなっています。画面は180度開閉でき、タブレットのようにおいて作業することが出来ます。USB Type-C×2、USB Type-B×2、microSDカードリーダーとインターフェースの多さも魅力です。

HP(エイチピー) Chromebook x360 14c-ca0000

Intel Core iシリーズ搭載の高性能モデルです。資料作成やビデオ会議など、マルチタスクを行うことに向いています。指紋認証リーダーがついていて、スマートフォンのような感覚でロック画面を解除することが出来ます。

まとめ

今回はChromebookとはなにか、WindowsやMacとの比較も合わせて解説しました。

ネットサーフィンや動画視聴をするくらいであれば十分な機能を搭載していて、価格も10万以下が多いChromebook。あなたの周りでとりあえずパソコンが欲しいんだけどなーと思っている方がいたら、是非おすすめしてみてください!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓おすすめ記事↓↓↓↓↓↓↓↓

【テレワーク生産性UP】Google Chromeの拡張機能おすすめ6選!2021年版
Google Chromeは世界トップのシェアを誇っているWebブラウザです。みなさんの中にもGoogle Chromeを利用されている方が多いと思います。 そんなGoogle Chromeですが、みなさんは「拡張機能」を使いこなして...

コメント

タイトルとURLをコピーしました