【アナリティクス】自分のアクセスをカウントから除外するには?5分で出来る正しいPVを確認する方法

ブログ

ブログを運営している人にとって、Google Analytics(グーグルアナリティクス)はアクセス解析を行うのにとても便利なツールです。ただ、「自分のアクセスを除いたら、どれくらいのPV数になるのだろう。」と思ったことはありませんか?

実際、自分のアクセスを除外しないと正しいPV数からのアクセス解析ができず、本質的なユーザーニーズの把握が難しくなってしまいます。

今回は5分で簡単に出来る、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法を解説します。

スポンサーリンク

5分で出来る自分のアクセスを除外する方法

Googleアナリティクスでは特定のIPに対してフィルタを掛けることで、そのIPからのアクセスをカウントから除外する機能があります。

IPアドレスとは、インターネットにアクセスするすべてのパソコンに設定されていて、私たちでいう住所のようなものです。このIPを特定することで、どのパソコンからアクセスしているのかが分かります。

IPアドレスの確認方法

今回はすごく簡単に、でもちょっとパソコンのプロっぽい(笑)方法で確認します。

①左下の[虫めがね]ボタンを押します。
②入力ボックスに「cmd」と入力します。
③検索結果に表示された「コマンド プロンプト」を開きます。

①表示されたコマンドプロンプトに「ipconfig」を入力して、Enterを押します。
②「IPv4 アドレス」に表示されている数値(xxx.xxx.xxx.xxx)を確認する。

ここで、確認できた値があなたのパソコンのIPアドレスになります。

Googleアナリティクスの除外設定

IPアドレスが確認出来たら、次はGoogleアナリティクスでアクセス除外の設定を行います。

①Googleアナリティクス画面の左下から「⚙設定」を押します。
②「アカウント」欄にある「すべてのフィルタ」を選択します。
③「フィルタを追加」を押します。

①以下の通り、各項目を設定します。
②「保存」を押します。

以上で、Googleアナリティクスの除外設定は完了です。

プロバイダによって固定IPの割り振りなどを行っていない場合は、一定期間でIPが変わってしまいます。IPが変更されたら、再度設定をし直す必要があります。

Googleアナリティクス オプトアウトアドオン

Googleアナリティクスの除外設定だけでも問題ないのですが、Googleが提供している無償ツール「Googleアナリティクス オプトアウトアドオン」をブラウザにインストールすることでもアクセス除外をすることが出来ます。

ただし、インストール方法の解説の前に3つ注意点があります。それぞれを認識し、自己責任でインストールしてください。

●スマホやタブレットにはインストールできない(iOS、Android)
●ブラウザごとにインストールが必要
●インストールしたブラウザでは全てのサイトのアクセス解析からオプトアウトされる

インストール方法

今回はChromeブラウザの画面で解説します。

開いた画面で、ダウンロードボタンを押します。

Chromeウェブストアが開くので、「Chromeに追加」を押します。

以下警告画面が表示されたら、「拡張機能を追加」を押します。
※表示されなかったらスキップしてください。

追加されると、以下のような「~追加されました。」と表示されます。

追加が完了したら、正しく追加されているかを確認します。
[Google Chrome の設定] > [その他のツール] > [拡張機能]を開きます。

開いた画面で、「Googleアナリティクス オプトアウトアドオン」が表示されていることを確認します。

以上で「Googleアナリティクス オプトアウトアドオン」のインストールは完了です。

スポンサーリンク

除外されてるか確認してみよう

ここまで設定出来たら、問題なく除外されているか確認してみましょう。

ブラウザを2画面開いて、1つは自分のサイト、もう1つはアナリティクスを開きます。
アナリティクスの[リアルタイム] > [概要]を開いて、アクティブユーザーが”0”になっていることを確認します。

ここまで出来れば、自分のアクセス除外の設定が完了です。

まとめ

今回は5分で簡単に出来る、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法を解説しました。

少しでもアクセス数を伸ばしたい気持ちはありますが、正確なPV数が分からないと、今後の改善点やユーザーニーズが正しく把握できなくなります。

もしまだ設定していない人がいれば、ぜひ今回の記事を参考にアクセス除外の設定をしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました