【SIMフリースマホ】対応バンドは確認済み?買う前に必ず確認すべき周波数帯の落とし穴

ライフスタイル

今や格安SIM(MVNO)は携帯料金の節約には欠かせない存在になっています。キャリアの乗り換えに合わせてお手持ちのスマホをSIMロック解除したり、SIMフリースマホを購入する方も多いと思います。

しかし、スマホそれぞれに対応バンド(周波数帯)があるのをご存じですか?

例えば、SIMフリー端末やSIMロック解除端末であっても、docomが使用しているバンドを掴むことができなければ、docomo回線は利用できません。とはいえ、バンドの一部を掴めなかったとしても、他のバンドでカバーできる場合もあるので、1つでも欠けていたから全く使えないというわけでもありません。

今回はそんな各キャリア系回線の対応バンドについて解説します。

スポンサーリンク

バンド(周波数帯)とは?

いきなり対応バンドの話をする前に、そもそもバンド(周波数帯)とは何かを解説しておきたいと思います。

基本的なことですが、スマートフォンや携帯電話などは目に見えない電波を使って通信をしています。インターネットやLINEなどももちろん電波を使っています。

その電波には周波数によっていくつかのバンド(周波数帯)という単位で種類分けされており、各キャリア系回線によって使用しているバンドが異なります。

各キャリアごとに必須のバンドが存在しているため、自分のスマホが必須バンドに対応しているか事前に確認しておくことが大切になります。

キャリア系回線のバンド一覧

各キャリア系回線のバンド一覧は以下になります。

4G/LTE

4G/LTEバンドは通常のインターネットやLINEなどに利用される一般的な周波数帯です。

バンド1は日本だけでなく海外でも広く使われている周波数帯なので、海外端末でも対応している製品が多いです。

1GHz以下の周波数帯域を通称プラチナバンドと言います。周波数が低いほど障害物の裏に回り込みやすいことから、プラチナバンドは遠くに飛びやすく、エリアを広くカバーするのに適しているとされています。

バンドdocomoausoftbank(Y!mobile含む)楽天モバイル
B1(2GHz)
B3(1.7GHz)
B8(900MHz)、プラチナ
B11(1.5GHz)
B18(800MHz)、プラチナ
B19(800MHz)、プラチナ
B21(1.5GHz)
B26(800MHz)、プラチナ
B28(700MHz)、プラチナ
B41(2.5GHz)〇(UQ)〇(WCP)
B42(3.5GHz)

◎=必須、〇=ないと困るかも、△=あったほうがいい
UQ=UQコミュニケーションズ、WPC=Wireless City Planning

5G(Sub6)

5G(Sub6)は周波数が6GHz未満のバンドで、比較的低い周波数となっています。4Gの延長として利用できるもので、4Gと比べると周波数が大きいくなっており、高速通信が出来るようになります。国内では以下のようにバンドが割り当てられています。

バンドdocomoausoftbank(Y!mobile含む)楽天モバイル
n77(3.6~3.7GHz)
n77(3.7~3.8GHz)
n77(3.8~3.9GHz)
n77(3.9~4.0GHz)
n77(4.0~4.1GHz)
n78(3.3~3.8GHz)
n79(4.5~4.6GHz)

5G NR(ミリ波)

5G NR(ミリ波)は、30GHz〜300GHzの周波数帯のことを言います。5G(Sub6)に比べて周波数がかなり高くなっており、障害物の裏に回り込みにくくなっています。また、空気中に水分や雨の影響を受けやすく、エリアを広くカバーするのには向いていません。

一方で、広い帯域幅を確保できる特徴があり、帯域幅は広いほど大容量の通信が出来るため、都心などの混雑エリアをピンポイントにカバーするのに向いています。

バンドdocomoausoftbank(Y!mobile含む)楽天モバイル
n257(27.00GHz~27.40GHz)
n257(27.40GHz~27.80GHz)
n257(27.80GHz~28.20GHz)
n257(29.10GHz~29.50GHz)
スポンサーリンク

スマホの対応バンドを確認してみよう!

では実際にスマホの対応バンドを確認してみましょう。対応バンドは基本的に製品の公式ページ記載されています。ただ、海外輸入製品などで公式の記載が見つけられない場合は、Googleで「〇〇〇(機種名) 対応バンド」などと検索すると、大概の製品は出てきます。

今回は例としてiPhone12とPixel5で確認してみたいと思います。

iPhone12の対応バンド

Appleの公式ページを見ると以下のような記載があります。赤枠で囲んでいる部分が日本の対応バンドです。

これを見ると、国内のプラチナバンドはすべて対応しています。また、n77~n79も対応しているので5Gが利用できることが分かります。対応バンド数は、さすが世界シャア上位のiPhoneといったところですね。

バンド3が1,800MHzとなっているなど、前述の表と少し記載が違うところがあります。海外と日本では若干表記方法が違う場合があるので、バンド数で確認するようにしてください。

Pixel5の対応バンド

次にGoogleかた発売されているPixel5を見てみます。赤くマークしている部分が国内の対応バンドになります。

こちらもiPhone同様、国内のプラチナバンドはすべて対応しています。5Gに関してはn77~n78となっていますが、問題なく利用できます。対応バンド数はiPhoneより若干少なくなっており、機種によって対応バンドが違うということがわかると思います。

まとめ

今回は各キャリア系回線の対応バンドについて解説しました。今は海外スマホもAmazonなどのECサイトで簡単に手に入る時代です。また、SIMロック解除の比較的簡単に出来るように法改正も行われました。

お得で自分に合った携帯プラン選びに失敗しないためにも、キャリアの変更前には必ずスマホの対応バンドを確認しておきましょう!

 

↓↓↓↓↓↓↓おすすめ記事↓↓↓↓↓↓↓

開始直前!3キャリアの新プランahamo・povo・LINEMOを徹底比較
昨年発表された日本の3大キャリア(docomo・au・Softbank)の新料金プランが間もなくサービス開始となります!そこで、開始直前の情報を簡単にまとめて紹介したいと思います。 料金・データ容量・サービス開始日は? 3キャリ...
【格安SIM】IIJmioギガプランとRakuten UN-LIMITで国内最安!月額440円なのに電話かけ放題!?
IIJmioは日本において老舗の格安SIMブランド。通信が安定していると評価が高く、私も実際利用していて、特に不満を感じることはありませんでした。そのIIJmioが2021年2月24日に衝撃の新料金プラン「IIJmioモバイルサービス ギガ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました