【マイナポイント延長】もう受け取った?最大5,000円分のポイントがもらえる!申請は4月末まで

ファイナンス

先日、総務省は「マイナポイント事業」のポイント付与の対象となるキャッシュレス決済の利用期間を当初の2021年3月末から21年9月末へ、半年間延長することを発表しました。また、マイナポイント付与の条件となるマイナンバーカードの交付申請の申込期限も、21年3月末から21年4月末までに1カ月延長されました。

マイナポイントの付与の上限は5,000ポイントとなっており、申請するだけで5,000円相当のポイントが受け取れるので、利用者にはメリットしかない制度になっています。

今回はマイナポイント制度の内容と、ポイント付与条件に付いて解説していきます。

スポンサーリンク

マイナポイントとは

マイナポイントとは、マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をすることで、そのサービスでの利用金額の25%分のポイントがもらえる仕組みです。

例えば、楽天経済圏を利用している方が楽天Pay(楽天ペイ)を利用しているとします。その方が楽天Payアプリでマイナポイント交付の申し込み・登録を行ったうえで、2,000円分の楽天ポイントチャージもしくはお買い物をします。そうすると、利用金額の25%にあたる500ポイントがマイナポイントとして付与されます。

マイナポイントとは1

マイナポイントはどのように付与される?

マイナポイント申し込み時に選んだキャッシュレス決済サービスを使ってチャージやお買い物を行うと、選んだサービスのポイントとして付与されます。

対象となるキャッシュレス決済サービスは以下のページから確認できるので、申し込み前にご自身に合ったサービスがあるか確認しておくことをおすすめします。

決済サービス⼀覧 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「決済サービス⼀覧」のページです。

なお、ポイントがもらえるタイミングなどはサービスによって異なりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

マイナポイントの上限は?

もらえるポイントの上限は20,000円までのお支払いで、25%の5,000円分相当のポイントになります。

上限の5,000ポイントに達すると、決済累計額の更新が停止され、以降ポイントが付与されなくなります。

ポイント付与の対象者・対象期間は?

2021年4月末までにマイナンバーカードを申請した方がマイナポイントの対象者となります。カード受取後、マイナポイントを申し込んで2021年9月末までにチャージまたはお買い物をした決済額に応じて、最大5,000円分のポイントを受け取ることができます。

対象期間は半年延長されましたが、2021年4月末までにマイナンバーカードを申請する必要がありますので、申請がまだの方はお急ぎください!

マイナポイントとは2

まとめ

今回はマイナポイント制度の内容と、ポイント付与条件に付いて解説しました。ポイントは以下のとおりです。

✅マイナポイントは、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をすることで、利用金額の25%分のポイントがもらえる仕組みです制度
✅ポイントは選んだキャッシュレス決済サービスのポイントとしてふよ
✅マイナポイントの上限は上限の5,000ポイント
✅対象者は2021年4月末までにマイナンバーカードを申請した方
✅2021年9月末までにチャージまたはお買い物をした決済が対象
申込するだけで5,000円分相当のポイントがもらえるお得な制度です。2021年4月末までにマイナンバーカードを申請した方が対象となるので、まだマイナンバーカードを持っていない方はぜひとも2021年4月末までに申請してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました