楽天銀行の普通預金金利をメガバングの100倍にする方法を紹介!デメリットはある?

ファイナンス

みなさんはメガバンクの普通預金金利をご存じですか?実は0.001%、定期預金でも0.002%とかなり低くなっています。

しかし、楽天銀行では、楽天証券と連携することで普通預金金利をメガバンクの100倍の0.1%にすることが可能です!

今回は楽天銀行で普通預金金利を0.1%する方法、そしてデメリットがあるのかについて紹介します。

メガバンクの普通預金金利は0.001%

まず、預金はただお金を銀行に預けることと考えている方が多いと思いますが、「預金は銀行にお金を貸している」ということを忘れないようにしましょう。いわば一種の投資です。銀行はその借りたお金に利子をつけて返してくれます。

冒頭でも記載したとおり、現在のメガバンクの普通預金金利は0.001%になっています。これは100万円を1年間預金しても利子が10円しかもらえないということです。預金を投資として考えると、ただメガバンクにお金を預けているだけでは資産運用としては非常にもったいないのです。

一方で、いきなり株式投資やFXなど、ハイリスクを抱えて資産運用するのは投資初心者にとってハードルが高すぎます。

そこでリスクなしで、金利を100倍の0.1%にできる楽天銀行を利用しましょうというのが今回の提案です。これをするだけで、100万円の利子が1年間で10円から1,000円に跳ね上がります。

楽天銀行で普通預金金利を0.1%する方法

そもそも、楽天銀行の普通預金金利は0.02%となっており、通常でもメガバンクの金利よりも高くなっています。また、楽天のクレジットカード「楽天カード」の引き落し口座を自身の楽天銀行に指定するだけで金利が0.04%になります。これだけでも、楽天銀行に切り替えるだけでメガバンクよりお得になります。

しかし楽天銀行のお得なサービスはこれだけにとどまりません。楽天銀行口座と楽天証券口座の口座連携サービス「マネーブリッジ」を設定すると金利が0.1%に大幅アップされます。楽天証券の口座は無料で開設できるので、楽天銀行を利用する場合は必ず設定しておきましょう。

詳しいマネーブリッジの設定方法については以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

メガバンクから楽天銀行への振込手数料を無料にする方法。楽天証券のお得な使い方
楽天経済圏で生活している人にはほぼ必須の「楽天銀行」 新たに楽天銀行の口座を開設し、今後メインの口座として使っていこうと考える人も多いと思います。 しかし、メガバンクから楽天銀行へ資金の移動を行うと振込手数料がかかってしまいます。。。 ...

また、マネーブリッジの設定は金利のアップ以外にも、証券口座を利用するにあたってお得な特典が複数あります。楽天証券ではNISA、つみたてNISAなどの少額投資も利用できますので、これから投資を始めてみたい方にもおすすめです。この機会に投資デビューをしてみるのもよいと思います。

その他のお得な特典についての詳細は以下のページから確認できます。

金融商品仲介は楽天銀行(旧イーバンク銀行) 楽天証券×楽天銀行でぐっと広がる資産運用の幅 ネット銀行は楽天銀行
「金融商品仲介」のページです。楽天銀行は日本最大級のインターネット銀行です。ネットバンキングで投資信託・外貨預金、BIG・totoの購入、公営競技の投票、ローンの申込ができるほか、各種お取引毎に「楽天ポイント」を貯められます。

楽天銀行で金利100倍にするデメリット

リスクなしで金利をアップできる楽天銀行ですが、唯一デメリットを上げるとすれば普通預金金利0.1%とするために、楽天証券の口座を開設する必要があることです。

そのため、以下に当てはまる方にはおすすめ出来ません。

■おすすめ出来ない人
・わざわざ証券口座を解説したくない
・今後、投資信託などを利用して資産運用をするつもりがない

一方で以下のような方にはデメリットはほぼないため、ぜひ利用を検討してみてください。

■おすすめな人
・少しでも投資での資産運用に興味がある
・楽天経済圏で生活している

最後に

今回は楽天銀行で普通預金金利を0.1%する方法、そしてデメリットがあるのかについて紹介しました。

普段はあまり気にしていない銀行の金利ですが、100倍違うとリターンの大きさは歴然になります。

この記事では楽天銀行のマネーブリッジを取り上げましたが、金利が優遇されている銀行は他にもあありますので、みなさんが利用している銀行の金利を見直すよい機会になれれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました